MESSAGETOP INTERVIEW

the 080 MARUYAMA RECRUITING 2019

社長インタビュー
MIURA KAZUO

歴史と実績に驕らず、
物流の枠を超えた挑戦を。

歴史と実績に驕らず、
物流の枠を超えた挑戦を。

弊社は運送を中心に、倉庫、保管、物流センターの運営事業、さらに通関やNVOCC(国際複合一貫輸送)といった国際物流などを取り扱う総合物流企業として地位を確立してきました。創業57年の歴史の中で受け継がれてきた精神が、経営理念の1つであるお客様第一の視点です。「経営理念は壁に掲げておくものではない、実践するものだ」という思いを従業員と共有して活動にあたり、現在では、多くのお客様から信頼をいただける会社へ成長いたしました。また、弊社は通年ビジョンとして「the080ビジョン」を提唱しています。これは物流にシナジーを生む80の事業、80人の経営者を社内から創出する計画です。1事業につき年間1億円の売上を計上し、80億円企業へ。物流の枠を超えた挑戦を続けていきます。

創立60周年に向けた、
トランスフォーメーション。

今年の経営テーマは「トランスフォーメーション(進化)」。創立60周年に向けて、激しい環境の変化を恐れずに各事業を推進し、将来は「丸山って、昔は運送会社だったんだ」と驚かれるほど進化したいと考えています。これからの物流業界に求められるものは、量より生産性。足より頭で稼ぐ時代です。そして会社の成長力の源泉は「ヒト・モノ・カネ」から「ヒト・ヒト・ヒト」へ移ります。すでに社会には情報が溢れ、簡単に物事の模倣が可能です。そこで重要になるのが模倣できない「ヒト」。人をいかに育てるか、活かしきれるかという人材の育成・活用により注力していきます。さらに今年は「グローバル事業部」を立ち上げました。海外のお客様とダイレクトに取引することで、仙台港における国際運送の主導権を握りたいと考えています。

目覚ましい成長を遂げ、
自己実現を果たして欲しい。

弊社では年間売上の1%を教育の機会に充てるなど、人材育成に力を注いでいます。その代表例が、新入社員が参加する「フレッシャーズキャンプ」。次世代の経営者の育成を目的に、他の会社では5年かけて覚えるようなマインドセットやリーダーシップを1年で習得できるプログラムです。これによって発表力や物事を捉える力を育むことができ、「自分がこんなに成長できるとは思わなかった」と驚く社員もいるほどです。我々が求める人材は「理想とする最高の自分になるためにはどうしたらいいか」と自己実現のために自ら考えて行動を追求できる人、そして会社や仕事の価値観に興味を持ち、共感できる人。そんな皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

代表取締役

三浦 一夫MIURA KAZUO