株式会社丸山運送|Maruyama the 080
アイコン 部品
アイコン 飛行機
アイコン フォークリフト
アイコン タンカー
アイコン トラック
T
h
e
0
8
0
M
a
r
u
y
a
m
a
OUR ORIGIN
CREDO
SDG's
会社概要
採用情報
NEWS

お知らせ

物流コラム Vol.19 「迫る物流の2024年問題」

物流業会では「2024年問題」までのカウントダウンが始まっている。「2024年問題」とは、2024年4月からトラックドライバーの時間外労働時間の上限が960時間に制限され、月60時間超の時間外労働への割増賃金率が50%になる事が最大の課題である。

業界の深刻なドライバ―不足の問題を抱えながら物流事業者は更なる大きなハードルを迎える事になる。車両10両以下の運送会社が半数以上を占める業界の中でいったい幾つの会社が生き残れるのだろうか。体力の無い運送会社が淘汰され、物流が滞ってしまう恐れすらある。

今後物流業界は大きな転換期を迎える事になる。しかし、このピンチは成長と繁栄につながるチャンスでもある。固定概念を捨てた新たな戦略と愚直に進む強い信念を持った会社であれば、既に成熟化していると思われている物流市場に新しい風を吹かせる事が出来るだろう。業務のDX化、R&D、人材育成、ブランド戦略、経営基盤の強化な等取り組まなければならない課題が山積みだが、やりがいのある時代が目に前に近づいてきている。

運輸事業本部・佐々木

BACK LIST